JFrog Trust

データ管理

データストレージ

JFrog Saasソリューションでは主要クラウドプロバイダーのマネージド型のオブジェクトストレージとデータベースが使用されます。各顧客は独自のデータに対する権限を持つ独自のロールを持っています。


データバックアップ

JFrog Saasソリューションでは、すべてのアプリケーションデータと構成が自動的にバックアップされます。ただし、バックアップはリージョンレベルで実行されます。削除されたアーティファクトを短期間で復元するには、Artifactoryのごみ箱機能を使用することをお勧めします。

バックアップポリシーには次のものが含まれます。

  • 1日のDBバックアップをポイントインタイム・ベースで行います。
  • 上書きまたは削除された古いバージョンのファイルストアについて、一時ファイルの保持。
  • 隣接するクラウドリージョンへのデータバックアップ。

データの保持と削除

一般企業ユーザーのアカウントは通常、現在のサブスクリプション期間の終了30日または60日間非アクティブになったに停止されます。お客様からサポートチームに連絡がない場合は、そのデータは完全に削除されます。

通常、無料利用枠のアカウントは、21日間非アクティブになったに停止されます。7日後、そのすべてのデータはJFrog SaaSソリューションから削除されます。

 

チェックサムベースのストレージ

JFrogはArtifactoryのチェックサムベースのストレージを使用して、アーティファクトを一意に格納します。
バージョン5.5からArtifactoryはネイティブにSHA-256をサポートします。アーティファクトのSHA-256チェックサムはArtifactoryへのデプロイ時に計算され、データベースの一部として永続ストレージに保持されます。

Release Fast Or Die