JFrogによる
アーティファクト管理

デモを予約する

ユニバーサルなアーティファクト管理が必要な理由

ソフトウェアのアーティファクトとは

アーティファクトは、ソフトウェアプロジェクトに関連するソフトウェア資産またはソフトウェアプロジェクトの一部であるソフトウェア資産です。通常、アーティファクトはバイナリのパッケージであり、アプリケーションの機能、アーキテクチャ、設計を明確化または説明するために使用されます。一般的なアーティファクトの種類としては、イメージ、実行可能ファイル、データモデル、ライブラリ、ユースケース、コンパイルされたアプリケーションのバイナリなどがあります。

アーティファクト管理の選択肢

これらのアーティファクトは、保存してそのプロジェクトのすべての開発者と共有する必要があります。これを行う方法としては、共有ドライブ、ソース管理ツール、アーティファクト管理リポジトリなどの利用が考えられます。共有ドライブには、バージョン管理機能が限られていたり、アーティファクトのデプロイ機能がなかったりなどの制約があります。ソース管理ツールは、ソースコードのテキストファイルの管理のみを目的として設計されており、容量の大きなバイナリやDockerイメージなどの複雑なアーティファクトは対象とされていません。

品質、一貫性、可監査性

すべてのアーティファクトは、品質、信頼性、可監査性を確保するために、開発チームや場合によっては複数のサイトで一貫して管理、バージョン管理、デプロイする必要があります。これが難しい点であり、その後の煩雑さにも影響してくるところです。アーティファクトリポジトリは、ビルドのさまざまなアーティファクトを一元的に保存、バージョン管理、デプロイするために特別に設計されており、増大するアーティファクト管理の問題に対する最適なソリューションを提供します。アーティファクトを管理する方法はすでにいくつか使用されているかもしれませんが、それらに互いに一貫性があることはそう多くはないはずです。

ユニバーサルなアーティファクトマネージャーの利点

JFrog Artifactoryは、アーティファクト、パッケージ、ビルドを一元的に管理することができるユニバーサルなアーティファクトマネージャーであり、すべてのソフトウェア開発の単一のソースとなります。これにより、パブリックのリポジトリから依存関係をダウンロードする手間とリスクが軽減されます。実装できるアーティファクトリポジトリには、さまざまなものがあります。

1.ローカル:作成およびデプロイするアーティファクトをローカルで管理するリポジトリです。
2.リモート:リモートのURLで管理するリポジトリのキャッシュプロキシです。
3.仮想:これは非常にユニークで便利なものです。ローカルリポジトリとリモートリポジトリを共通のURLで組み合わせて、それらを単一のエンドポイントとして抽象化する集約されたリポジトリです。

アーティファクト管理では、開発チームが正しいバージョンのアーティファクトを簡単に見つけられるようにすることで不整合を防ぎます。以下に、Artifactoryをアーティファクト管理に使用する利点をいくつか示します。

  • 依存関係の管理 – バージョン管理された共通ライブラリをすべての開発チームで共有できるため、新しいレベルのコラボレーションが実現されます。
  • 効率的なビルド – ダウンロードしたアーティファクトをローカルにキャッシュして簡単にアクセスできるため、
    開発者の手間を省けます。
  • リリースの安定性 – アーティファクトとメタデータはリリースリポジトリに公開された後もそのまま保持されるため、ビルドの予測と繰り返しが可能になります。
  • アーティファクトのトレーサビリティ – バージョンが追跡されるため、ソフトウェアのライブラリを標準化する場合やサードパーティ製のコンポーネントのライセンスを監査する場合に役立ちます。

コミュニティと顧客満足度による
業績の向上

アーティファクト管理のお客様事例

Cisco
Cisco in swampUP

最初の500万が最も困難:Ciscoがアーティファクト数を0から500万にした方法

Workiva

WorkivaがArtifactoryを使用してリリースプロセスを効率化した方法

kroger
Kroger

KrogerがCI/CDパイプラインでArtifactory EnterpriseとXrayを使用

他社比較表

JFrog JFrog
Azure Artifacts Azure Artifacts
AWS CodeArtifact AWS CodeArtifact
GitHub GitHub
GitLab GitLab
Sonatype Nexus Sonatype Nexus
Red Hat Quay Red Hat Quay
Harbor Harbor
フルハイブリッドソリューション
マルチクラウド対応
N/A
ユニバーサルなソフトウェアパッケージ
リモートリポジトリ
仮想リポジトリ
拡張メタデータとクエリ言語
高度で柔軟なストレージ
N/A
N/A
高可用性(HA)
N/A
レプリケーションとマルチサイト

Artifactoryのソリューションと機能

以下に、Artifactoryを円滑で迅速な信頼できるリリースを確実にする業界トップクラスの
アーティファクト管理ツールにしている主な機能のいくつかを示します。

Universal

ユニバーサル

ソフトウェアの開発や配布で使用されるすべての主要なプログラミング言語、パッケージマネージャー、技術をサポートしています。
Versioning Support

バージョン管理のサポート

アーティファクトのビルド日やバージョン番号など、豊富なメタデータを使用します。
Retention

保持

重要なアーティファクトを保持し、重要でないアーティファクトを自動的に削除します。

ユーザーのアクセス許可

アーティファクトの公開やダウンロードを行えるユーザーを簡単に管理できます。
Kubernetes Registry

Kubernetesレジストリ

DockerコンテナやHelmチャートをフルサポートしており、KubernetesレジストリやDockerレジストリとして使用できます。
Automated and Integratable

自動化と統合が可能

自動化可能なアーティファクト管理と堅牢な幅広いREST APIによって、DevOpsパイプラインの完全自動化を支援します。
Massively Scalable

高いスケーラビリティ

マルチサイト、ハイブリッド、高可用性のDevOps、レプリケーションをサポートしており、必要に応じてストレージをゼロから無限大まで拡張できます。

高可用性

リポジトリマネージャーの冗長構成によってダウンタイムを減らし、安定性とパフォーマンスを維持します。

統合パートナー

エンドツーエンドのDevOpsプラットフォームで
ソフトウェアのリリースを迅速化

リソース

BINARY-REPOSITORY-MANAGER
ホワイトペーパー

DevOps:DevOpsでバイナリ・リポジトリマネージャーを使用する8つの理由

DevOps Tools
DevOpsツール

JFrogによるソフトウェアリリースの迅速化

JFrog Platform
スクリーンキャスト

JFrog Platformの安全な更新

Artifactory
Webinar

JFrog PlatformのArtifactoryの概要