自動車業界のための
JFrog

デモを予約する

自動車メーカーが成功するにはブランドの評判が非常に重要です。そして、彼らは何百万行ものコードで車の機能と安全性を維持しています。 ソフトウェアに問題があると安全性、性能、品質を損なうおそれがあり、結果として壊滅的で高価な代償を支払うことになりかねません。新しいテクノロジーの導入やソフトウェアの開発を行う中で、自動車会社はさまざまな課題に直面しています。自動車に組み込まれた数百ものコントロールユニット(ECU)によって使用されるソフトウェアは、サイロ化されたばらばらのチームが開発しており、リリースサイクルが長くなりがちです。アジリティを保つために、データの可用性と整合性を維持しながら共同作業を可能にする機能がとても重要です。新機能への需要に応えるには短期間のリリースを実現する必要があります。自動車業界はDevOpsの時代に突入です。

自動車業界が直面する課題

icon

継続的デプロイメント(CD)と配布

これは自動車メーカーにとって克服したい大きな課題ですが、技術、手続き、規制といったさまざまな課題により実現困難なものとなっています。組み込みシステムはラストマイルの実装の複雑さにより実現が難しくなっています。システムアプリケーションは新しいほど自動化およびシステム化が行き届いていることが多く、習得が容易です。

icon

速度を保ったままセキュリティと法令遵守を実現

現在、高級車に組み込まれているシステムのコードは1億行を超えていると言われています。すべてのコードベースに脆弱性やライセンス違反がないことを担保できているかどうかは非常に大きな懸念となります。デプロイメントの遅れを生じさせることなくこの確認作業を行うことは、多くの組み込み開発チームが直面している課題です。

icon

プロダクトやソフトウェアのデリバリー速度

リアルタイムの組み込みアプリケーションをビルドして検証する際、多くのメーカーは従来の方法を用いて手動で行っています。これは、自動化を考慮せずにソフトウェアスタックや使用ツールが用意されたためです。こうした開発のために自動化されたプロセスを構築することで、スピード、アジリティおよびコントロールが可能になります。

icon

標準化されていない組み込みシステム

現在、ほとんどの車には100台を超えるECUが搭載されていますが、PCや携帯電話のように標準化されておらず、独自のOSと言語のエコシステムが用いられています。重要なのは、C/C++、Java、NPM、Docker、そしてLinuxのようなOSを含む複数のパッケージタイプをサポートするユニバーサルなDevOpsプラットフォームを持つことです。

大手自動車会社が
DevOpsの実践にJFrogを採用

コミュニティとお客様の幸せのために

Mender

OTAアップデートで開発者のもとからデバイスへ

CodeCraft – BMWの次世代組み込みシステム開発を推進

クラウドにおける可用性の高い(HA)バイナリ管理への道

概要: JFrog Platformによる大規模な継続的インテグレーション

モータースポーツのテクノロジー(ゲスト: マイク・ガスコイン氏)

JFrog Platform
自動車のソフトウェア開発のための高性能プラットフォーム

自動車メーカーは、生産性を高め、開発のスピードを加速させ、品質と信頼性を確保し、リリースサイクルを短縮する方法を見つける必要があります。JFrog Platformはエンドツーエンドの自動化されたDevOpsプラットフォームです。コード作成から本番環境での運用に至るまで、配布したソフトウェアリリースの管理とオーケストレーションに最適です。

CI/CD

CI/CDパイプラインを自動化する

JFrog PipelinesはすべてのCI/CDパイプラインのために一元化された次世代のコマンド&コントロール機能です。これにより、パイプライン上のプロセスすべての自動化とオーケストレーションが可能になります。Pipelinesは一般的なCI/CDツールやDevOpsテクノロジーとインテグレーションされているため、既存のCI/CD資源を活用することができます。

OSS Vulnerabilities

コードからOSSの脆弱性を排除する

本番環境にデプロイするビルドには脆弱性やライセンスの問題があってはなりません。IDEとの統合、ビルドツールやREST APIによる拡張機能と柔軟性の高いCLIが備わっており、簡単な自動化でエコシステムに組み込んでパイプライン全体を最適化することができます。

DevOps Platform

ユニバーサルDevOpsプラットフォーム

ArtifactoryとJFrog Platformは、主要なプログラミング言語、パッケージマネージャー、一般的なDevOpsの技術をすべてサポートしています。C/C++、Java、.net、Goなど組み込み言語をサポートしているため、自動車のECUの特性にうまく適合しています。

Multi-Site Support

レプリケーションとアクセスフェデレーションによるマルチサイトのサポート

数百人、数千人の開発者がいる場合はマルチサイトのトポロジーが役立ちます。チームや拠点内での一貫性は、監査、品質管理および信頼性確保のために不可欠です。JFrogのマルチサイト・レプリケーションとアクセスフェデレーションは、企業のアーティファクトとビルドに信頼できる唯一の情報源(Single Source of Truth)を保証します。

JFrogの強み

包括的なインテグレーション

ほとんどのDevOpsツールとインテグレーションできます。1つのパイプライン内のステップを複数OSによるマルチアーキテクチャのノードで実行できるため、さまざまなCI/CDツールを併用する必要がなくなります。

失敗しないインテグレーション

お使いの環境とインテグレーションすることで、ツールスタックを自由に選択できます。Artifactoryを使用することで、CI/CDエコシステムを統合し、開発者の生産性を向上させ、ベンダーロックインを回避することができます。

行き届いたセキュリティとコンプライアンス

主要なパッケージタイプはすべてサポートしています。DockerイメージやZIPファイルも含め、いずれも適切に解凍し再帰的スキャンを行うことで、その構成するレイヤーや依存関係を表示します。

機能比較

JFrog JFrog
GitHub GitHub
GitLab GitLab
Azure DevOps Azure DevOps
AWS AWS
Google Google
真のハイブリッドソリューション
マルチクラウド・サービス
ユニバーサル・ソフトウェア・パッケージ
スケーラブルでクラウドネイティブなCI/CD
拡張可能なメタデータとクエリ言語
DevSecOpsを含む
一部
一部
サードパーティ製
一部
一部
ソフトウェアパッケージの配布
ビジネスモデル
サーバーごと・消費ベース
ユーザーベース
ユーザーベース
コンサンプション
コンサンプション
消費

インテグレーション パートナー

エンドツーエンドのDevOpsプラットフォームで
ソフトウェアリリースを加速

リソース

DevOps Automation
ウェビナー

自動車業界のソフトウェアデリバリーに関するDevOps自動化の成功事例

JFrog Platform
スクリーンキャスト

JFrog Platform

DevSecOps
ウェビナー

JFrogによるDevSecOps