JFrog Trust

何千もの企業がDevOpsのライフサイクルを安全に管理するためにJFrogソリューションを活用しています。JFrogの最優先事項は、お客様の信頼を得てデータを保護することです。業界標準を超えた最先端のセキュリティとコンプライアンス・ソリューションでJFrogのプラットフォームを保護します。

JFROG
コンプライアンス

JFrogではデータのプライバシー、セキュリティ、整合性が最優先事項です。当社は主要なデータ保護業界標準と政府による規制を遵守します。そして同様にお考えのお客様を支援するためのツールを提供します。

JFrogコンプライアンスの詳細はこちらから >
trust

製品の
セキュリティ

JFrogは製品開発ライフサイクルにおけるセキュリティを最も重視しています。JFrogのセキュリティチームはソフトウェア開発のための最も厳しいセキュリティ技術と実践に基づき、お客様のデータを保護します。特にSDLC全体にセキュリティをネイティブに組み込み、製品開発プロセスの初期段階でセキュリティの問題を検出する「シフトレフト」を行っています。

JFrog製品のセキュリティの詳細はこちらから >

クラウド
セキュリティ

JFrog SaaSソリューションは、Amazon AWS、Microsoft Azure、およびGoogle Cloudでホストされています。JFrogはプライバシーとセキュリティを重視し、世界水準のインフラとエンタープライズ機能を備え、お客様のミッションクリティカルなJFrog Saasソリューションをセキュアに保ちます。

JFrogクラウドセキュリティの詳細はこちらから >

データ
セキュリティ

JFrogは最も厳格で高度なセキュリティプラクティスと最新のセキュリティ技術を活用してデータを収集、保存、送信します。JFrogは厳格なデータプライバシーのベストプラクティスとデータ保護技術を採用し、業界標準と政府の規制とともに、その内部ポリシーを遵守しています。

JFrogデータセキュリティの詳細はこちらから >

セキュリティ
インシデント管理

JFrogのサイバーセキュリティ・インシデント対応チームは当社の製品、インフラ運用、セキュリティソリューションを常に監視しています。JFrogのセキュリティは迅速かつ効率的にセキュリティ・インシデントに対応して通知を行い、修正するための包括的な戦略とポリシーを確立しています。

JFrogセキュリティ・インシデント管理の詳細はこちらから >

脆弱性
の報告

コードのセキュリティと品質はJFrogにとって最優先事項です。当社の製品の脆弱性やその他の種類のセキュリティ問題を発見した場合、ただちに当社に報告してください。セキュリティ関連のリサーチ担当者はバグバウンティプログラムに参加し、調査結果に対する報酬を得ることができます。

脆弱性の報告方法の詳細はこちらから >

JFrogセキュリティ ・アドバイザリー・ボード

JFrogはプライバシーとセキュリティを非常に重視しており、JFrog製品で確認された脆弱性を迅速に通知し、改善するよう常に努めています。JFrogはCVE採番機関(CNA)として、新たに確認されたセキュリティの脆弱性にCVE識別番号を割り当てます。

アドバイザリーボードと最新情報 >
Trust security advisor

JFrog Trustのウェブページには製品
機能のリリース予定日と説明を提供する際に
不確実な将来の見通しに関する記述が含まれています。将来の見通しに関する記述のすべての情報には既知および
未知のリスクが含まれています。