JFrog、Sagi Dudai を製品エンジニアリング担当 EVP に任命

プレスリリース, 8月 6, 2021

〜経験豊富なテクノロジーリーダーが JFrog のグローバルな研究開発の継続的成長を促し、DevOps イノベーションの加速を推進〜

※本プレスリリースは、2021年7月27日に JFrog Ltd. が発表したプレスリリースの翻訳版です。原文(英語)はこちらをご参照ください。


東京発 (2021年8月6日) 
— 水が流れるようにソフトウェアを継続的にアップデートするLiquid Software(リキッド・ソフトウェア)というビジョンを掲げる DevOps カンパニーである企業 JFrog Japan 株式会社(本社:東京都港区、ジャパン・カントリー・マネージャー:田中克典、以下、JFrog K.K.)の親会社である JFrog Ltd. (NASDAQ:FROG) は、現地時間2021年7月27日に、Sagi Dudai(サギ・デュダイ)の製品エンジニアリング担当エグゼクティブ・バイス・プレジデントへの任命を発表しました。

Dudai は、「サービスとしてのプラットフォーム」(PaaS)から人工知能(AI)や機械学習まで多岐にわたる、25年以上のグローバルな経験を携えて JFrog に加わります。Dudai は、JFrog 入社前はビジネスクラウド通信のリーダー Vonage(NASDAQ: VG)で最高技術責任者(CTO)を務め、テクノロジーのビジョン、アーキテクチャ及び設計を推進すると共に、新製品、クラウドネイティブ・プラットフォームへの転換等、あらゆる面のテクノロジー開発を統括しました。Dudai は、CEO 兼共同創設者の Shlomi Ben Haim(シュロミ・ベン・ハイム)の直属として JFrog のエグゼクティブチームに加わります。

Shlomi Ben Haim は、次のように述べています。「当社が急速に躍進する今、Sagi がチームに加わり JFrog の製品・研究開発を率いてくれることを大変嬉しく思います。Sagi は豊富なリーダーシップ経験と、最新の技術を用いたクラウドネイティブの大規模な SaaS プラットフォームの構築における確固とした実績を、当社で活かしてくれるでしょう。JFrog が掲げるリキッド・ソフトウェアのビジョンが必要とするのは、将来のソフトウェアの世界に有用なソリューションを導入し構築するための確かな経験と情熱を合わせ持つ、信頼できるリーダーです。Sagi の力を得て、JFrog は DevOps コミュニティ、お客様、パートナーのための価値が新たなレベルに到達すると確信しています」

Dudai は、ソフトウェアデリバリー及び IT、クラウドの展開、モバイル、人工知能(AI)、機械学習(ML)並びにエッジアプリケーションといった、非常に動きの速いテクノロジートレンドの最前線で幅広い経験を有しています。また、数百万ドル級の大規模な研究開発の取り組みを推進してきたほか、世界各地で開発や DevOps に携わる何千ものチームを監督、指揮して、最先端の革新的なソリューションを市場に提供するまで導いた実績も持っています。例えば、CTO を務めた Vonage では、約1,000人の従業員からなるグローバルな組織を指揮して、13億ドルの収益を上げる組織を支えると共に、研究開発や新製品の開発を統括し、Vonage Business Cloud の発売を成功に導きました。

Dudai は次のように述べています。「JFrog に加わり、そのリキッド・ソフトウェアというビジョンを推し進めることにわくわくしています。私たちは JFrog のエンドツーエンドのハイブリッドな DevOps プラットフォームを構築、拡張、拡大すると共に、業界を牽引する SecOps ソリューションを統合・構築する、大きな計画を持っています。全力で取り組み、これまでの経験を活かして、革新的な製品をお客様や広くコミュニティの方々に提供する世界レベルのチームを構築し続けたいと思います」

Vonage 以前、Dudai は Fring で研究開発担当バイスプレジデントを務めました。ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院より経営学修士号(MBA)を取得している他、テルアビブ大学のレカナーティビジネススクールより経営管理とコンピュータサイエンスで文学士号を取得しています。

【JFrog Japan株式会社について】

JFrog Japan 株式会社は JFrog Ltd. (JFrog)の日本法人支社として東京都港区に 2018 年に設立されました。DevOps プラットフォームを開発した JFrog は、開発者のキーストロークから製品まで、ソフトウェアの流れをシームレスかつ安全に実現する「Liquid Software」というミッションを掲げています。エンドツーエンドでハイブリッドなJFrog Platform は、現代のソフトウェア開発組織が DevOps の力を完全に取り入れるために必要なツールと可視性を提供します。JFrog のユニバーサルなマルチクラウドDevOps プラットフォームは、AWS、Microsoft Azure、Google Cloud 上で、オープンソース、自己管理型、SaaS サービスとして利用できます。JFrogは何百万人ものユーザーと何千人もの顧客に信頼されています。その中には、ミッションクリティカルなソフトウェアデリバリーパイプラインを管理するために JFrog ソリューションに依存しているフォーチュン100企業の大半が含まれています。詳細は jfrog.com/ja をご覧ください。

<本件に関する報道関係者のお問い合わせ先>
バーソン・コーン&ウルフ 広報代理 担当 コビリ/石田
TEL: 070-4548-3284 Email: yoko.cobile@bcw-global.com