JFROG Connect

エッジデバイスおよびIoTデバイスへの迅速で信頼できるソフトウェアのデプロイ

DevOpsのスピードでリリースして、エッジデバイスとIoTデバイスにデプロイしましょう

エンドツーエンドの自動化、デプロイのトラッキング、サプライチェーンのセキュリティ、フリートの可視性を備え、あらゆる規模に対応したエッジデバイスおよびIoTデバイスのソフトウェアアップデート。

JFrog Connectを使うと、通信接続が制限されていて、すべての現場に熟練したITスタッフが不在で、デバイスはデータセンターのセキュリティの範囲外にあり、さまざまなハードウェアプラットフォームがあり、
エンドポイントが数千にのぼる場合でも、エッジデバイスおよびIoTデバイスへ迅速かつ安全にソフトウェアをデプロイすることができます。

最新のLinuxファーストのIoTデバイス管理

フリートの可視性
  • デバイスの状態やアプリケーション情報など、デバイスフリート全体のステータスを表示する
  • 階層グループとタグに基づいてデバイスをセグメント化およびフィルタリングする
ソフトウェアアップデート
  • 大量のLinuxデバイスでソフトウェアを継続的にアップデートし、機能の追加、脆弱性の修復、バグの修正を行う
  • 自動ロールバックによりアップデートの問題を容易に修正する
トラブルシューティング
  • オフィスにいるかのようにリモートデバイスに安全にログインし、現場や開発中のデバイスの問題を診断する
  • 安全でないデバイスパスワードとファイアウォール設定を回避する

IoT向けDevOpsに関する知識を深める

IoTのソフトウェアアップデートを大規模に管理:Upswiftの買収
お客様が依存しているオープンソースソフトウェアの依存関係のセキュリティとコンプライアンス
アップデートを受け入れる