Multi Cloud および Hybrid Cloud: Cloud Native DevOpsのためのCLOUD NIMBLE

ハイブリッド/マルチクラウド環境におけるベストプラクティスの採用(英語のみ)

経営者向けの要約

大手企業がクラウドコンピューティングを通じてビジネス変革を進化させるにつれて、イノベーションをスピードアップし、クラス最高の状態を維持し、ベンダーロックインのリスクを軽減するために、ハイブリッドおよびマルチクラウドアーキテクチャへの依存度が高まっています。cloud native ソリューションは始まりに過ぎませんでした。将来を見据えたDevOpsエンジニアは、クラウド敏捷性のソリューションを模索し、重要なワークロードをパブリックとプライベートの両方の複数のドメインに分散できるようにする必要があります。

 

将来を見据えた企業向けの Cloud Native DevOps

現代の企業にとって、クラウドコンピューティングは今や、アプリケーション、ストレージ、コンピューティングのデフォルトモデルです。プロバイダーとサービスの範囲が拡大するにつれて、組織はクラウド及びcloud native のツールがビジネスの近代化の鍵であることを認識するようになっています。

Cloud Spend by Organization Size

企業が業務を分散化するにつれて、クラウドの変革は、リモートワークの台頭とともに加速しています。COVID-19の制限を受けて、CIOは現在、従業員の34%がいつまでも仮想的に働くことを計画しており、ワークロードのクラウドへの移行を加速しています。

Change from Planned Cloud Usage

組織は、クラウドを使用して迅速に革新し、オンデマンドで拡張できる一方で、最小限のコストとリスクで大胆なデジタルの賭けを行うことの利点を見出しました。現代の企業は、今ではクラウド対応、ソフトウェア主導、そして仮想型になっています。

学べる教訓

これらの企業は、クラウド変革プロセスで何を見出しましたか?

移行は困難

従来のツール、データ、プロセスをクラウドネイティブ型サービス環境に移すには、時間とコストがかかり、チームが持っていないかもしれない幅広いスキルが必要になります。

Cloud native であるだけでは不十分

多くの場合、アプリケーションのセルフマネージド型バージョンとそのSaaSオファリングの間には、機能上の大きな違いがあります。バージョンに完全に同等の機能がない場合、一貫性のある運用モデルを維持する上で大きな障害になる可能性があります。

チームが異なればニーズも異なる

多くのチームと多様なプログラミング言語を持つ企業では、1つのクラウドがすべてに適合することはめったにありません。あるクラウドプロバイダーで提供されるサービスとプラットフォームが、ある開発者グループに適していても、別のグループのニーズを最もよく満たすのは別のクラウドかもしれません。しかし、これらのチームは、組織全体で運用の一貫性を持ってデータを共有する必要があります。

コストのトレードオフ

組織は、パブリッククラウドサービスによって提供される消費ベースのOpExモデルと、データセンターにプライベートクラウドを構築するためのCapEx投資との間で適切なバランスを取るのに苦労しています。最近の調査によると、回答者のほぼ69%が、クラウドベンダーのロックインがビジネスパフォーマンスを向上させる上で大きな障害であると述べています。

セキュリティの一貫性

クラウドベースのプラットフォーム、ツール、およびサービスを多様なエコシステムで運用し、それぞれ独自の保護を備えているため、ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)全体を通じて一貫したセキュリティ体制を維持することが難しくなる可能性があります。

クラウド統合の課題

マルチクラウド戦略とハイブリッド戦略のどちらであっても、クラウドプロバイダー間で相互運用することには、独特の苦労が伴います。たとえば、ガバナンスとコンプライアンスのルールはプロバイダーによって異なり、セキュリティ標準も異なるため、複雑なクラウドインフラストラクチャが悪意のある攻撃に対して脆弱になります。

次の進化:Cloud Nimble

デジタルトランスフォーメーションの最初の段階で、クラウド運用は現代の企業にとって確立された事実となっています。今では、単一プロバイダーからマルチクラウド戦略やハイブリッドコンピューティング戦略へと切り換えることにより、仮想運用の俊敏性をさらに高めようとしています。

2021年に29業種の7,000社以上を対象に行われた調査では、単一のプライベートクラウドまたはパブリッククラウドを使用していると回答した企業はわずか3パーセントで、2年前の29パーセントから減少しています。回答者の59パーセントは、プライベートクラウドとパブリッククラウドをハイブリッドに組み合わせて使用していると言っています。

これらの調査回答者のほぼ5分の4が、ベンダーロックインなしにワークロードを完全に移行可能にできることが、デジタルトランスフォーメーションの目標を達成する上で極めて重要であると述べています。

次の展開の企業クラウドコンピューティングでは、運用をcloud native にするだけでは不十分です。クラウド敏捷性を備えていることも必要です。 

クラウド敏捷性を備えた企業は、あらゆるクラウドで、どこでも実行できる機能を求めているため、次のことができます。

  • クラウドの選択を、特定のタスクに対するクラス最高のサービスに一致させる
  • それぞれの最低コストのプロバイダーにワークロードを割り当てる
  • 負荷分散または需要価格への調整のためにワークロードをシフトする
  • データとコンピューティングサービスを地理的に近接させておく
  • 冗長性を確保して99.999%の可用性を維持する
  • ハイブリッド戦略を採用して、セキュリティや規制の要件に準拠する

 

Cloud Native DevOps用のJFROG CLOUD NIMBLE

JFrog Platformは、DevOpsの成功のためのバイナリ駆動型の方式を可能にする、市場をリードするソリューションのセットです。今日の企業のクラウド敏捷性の要件を満たし、オンプレミス、クラウド、ハイブリッド環境にわたって完全な柔軟性と運用の一貫性を実現します。

パブリック、プライベートに関わらず、あらゆるクラウド上で実行

JFrog Platformは、クラウドサービスの商品化の進展を利用するために、クラウドネイティブの標準を満たしています。クラウドの利点を実現し、EKS、AKS、Anthos、OpenShiftなどのすべてのクラウド環境に標準ツール(DockerやKubernetesなど)を活用する標準テクノロジを中心に設計されています。

堅牢なRESTful APIセットとコマンドラインインターフェイスにより、JFrog Platformは自動化ツールのエコシステムと統合する準備ができています。

Cloud Type Usage

JFrogのクラウド敏捷性ソリューションは、選択性と透明性の両方を兼ね備えています。JFrog Platformのアカウントは、3つの主要なクラウドプロバイダー(AWS、Google Cloud Platform、Azure)のいずれかまたはそれぞれで自由にホストできるため、チームが使用するクラウドエコシステムツールとデータの近接性を確保できます。

課金を簡単にするため、クラウドプロバイダーのマーケットプレイスを通じてJFrogアカウントを作成し、既存のクラウドクレジットによって月々のサブスクリプションを支払うことができます。

一貫したセキュリティ体制を維持する

JFrog Artifactoryの業界をリードするきめ細かいアクセス許可と、複数のプロトコルによるシングルサインオンとの統合により、組織は複数のクラウドドメインにわたるソフトウェアサプライチェーン全体を高度に保護できます。

JFrog Xrayを使えば、すべてのクラウド環境にわたって脆弱性とコンプライアンスのスキャンを一貫して監視およびレポートするメカニズムを使って運用し、影響を迅速に分析し修復するための統一されたプロトコルを実装することができます。

どこでも同じ機能セット

JFrog Platformのすべてのデプロイメントには、SaaSとしてデプロイされてパブリッククラウドクラスターで自己管理されるか、オンプレミスのプライベートサーバーでデプロイされるかにかかわらず、DevOpsの成功を可能にする市場をリードする同じ機能セットが含まれています。

これにより、組織はすべての実行環境において一貫した運用モデルでSDLCを運用できるようになります。企業は、クラウド間で相互運用可能なマルチドメイン自動化を容易に実装できます。

クラス最高のサービス間での分散

あるクラウドが最適なストレージサービスやセキュリティを提供する一方で、別のクラウドが最高品質のVCSや自動化を提供することもあります。異なるコンピューティング言語やランタイムを対象とするチームは、独自のクラウドベースの開発ツールセットを選択することを好むかもしれません。遅延の影響を受けやすいアプリケーションで高速にアクセスするために、それぞれが独自のクラウドサービス内の局所性を必要とする場合もあります。

クラウド敏捷性を備えたJFrog Platformにより、サイト信頼性エンジニアは、SDLCのさまざまなセグメントに最適なクラウドプロバイダーを選択したり、多様なチームの特定のニーズを満たすことができ、安全で単一の信頼の輪の中でパッケージとバイナリのガバナンスを維持できます。

透過的なクラウド移行

ギガバイト、テラバイト単位の蓄積したパッケージ、ビルド、メタデータをJFrog Platformインスタンスからクラウド上の別のインスタンスに移行した後でも、運用の継続性を維持できます。

JFrog Platformの市場をリードする同じ機能をすべての環境で設定することで、開発チームは中断することなく、新しく移行されたクラウドインストールに切り替えることができます。変化があったことさえ気づかないかもしれません。

マルチドメインの自動化

各クラウドにJFrog Platformをデプロイすることで、環境間でSDLCを容易に相互運用することができます。JFrog APIを使用すると、企業はバイナリを安全に配信し、あるクラウド環境から別のクラウド環境にペイロードを解放できます。

リポジトリのレプリケーションにより、チームはドメイン、リージョン、プロバイダー間でアーティファクトとビルドを共有できると同時に、各チームのデータの局所性を維持して、共通のDevOpsプラクティスのセットをフルスピードで運用できます。


DevOpsをクラウドにリリースする

クラウド敏捷性を備えたJFrog Platformを使用してバイナリ管理とSDLCのベストプラクティスを採用し、オンプレミス、クラウド、ハイブリッド環境全体でトレードオフすることなく、完全な柔軟性と運用の一貫性を実現します。より迅速にイノベーションを起こし、ベンダーの選択と柔軟性を最大化し、一貫したセキュリティ体制とクラス最高の運用モデルにより、設備投資の組み合わせを最適化します。


Release Fast Or Die