JFrogによる
セキュリティとコンプライアンス

ユニバーサルなソフトウェア構成分析の利点

ソフトウェア構成分析

ソフトウェア構成分析ソリューションは、アプリケーションで使用されているオープンソースやサードパーティ製のソフトウェアのセキュリティとコンプライアンスを確保します。JFrog Xrayは、アーティファクト、パッケージ、ビルド、Dockerイメージの脆弱性やライセンス違反のインデックス作成、スキャン、報告のプロセスを管理するユニバーサルなソフトウェア構成分析ソリューションです。

ユニバーサルなパッケージの種類のサポート

JFrog Xrayは、npm、Go、Python、Docker、Maven、NuGetなどのすべての主要なパッケージでインデックス作成やスキャンを行うことができるため、複数のプロジェクトで複数の開発者がさまざまなプログラミング言語を使用する企業では特に役立ちます。Xrayはソフトウェア開発ライフサイクル全体に統合できるため、開発者へのほぼリアルタイムのフィードバックを可能にし、シフトレフトとフェイルファストの俊敏性を実現します。ユニバーサルであるのは、パッケージの種類のサポートだけではなく、DevOpsのエコシステムにも依存しません。そのすべてのREST APIとJFrog CLIのサポートにより、独自のエコシステムに簡単に統合できます。

JFrog Platform

JFrog Xrayは、信頼できるソフトウェアリリースの管理、オーケストレーション、提供に最適なエンドツーエンドの自動化されたDevOpsプラットフォームであるJFrog Platformの一部です。JFrog Platformは、共有データモデルによってJFrogのすべての製品を統一されたユーザーエクスペリエンスに統合したものです。そのため、JFrog Platformは、セキュリティとコンプライアンスの状態を含めて、CI/CDパイプライン全体のすべてのアーティファクトのメタデータの単一のソースになります。

Xrayの機能と利点

以下に、JFrog Xrayを信頼できるリリースを確実にするための優れたソフトウェア構成分析の選択肢にしている主な機能のいくつかを示します。

Array

JFrog JFrog
WhiteSource WhiteSource
Sonatype Nexus IQ Sonatype Nexus IQ
Snyk Snyk
Black Duck Black Duck
GitHub GitHub
GitLab GitLab
フルハイブリッドソリューション
マルチクラウド対応
ネイティブでのバイナリ・リポジトリマネージャーの保護
多言語対応
ポリシーとアクション

リソース

DevSecOps
ウェビナー

金融サービスでの適切なDevSecOps

CI CD
eBook

パイプラインの継続的なセキュリティ

SECURING YOUR BUILDS AND ARTIFACT DOWNLOADS (1)
スクリーンキャスト

ビルドとアーティファクトのダウンロードのセキュリティ保護

DevSecOps
Webinar

JFrogを使用したDevSecOps

セキュリティとコンプライアンスのお客様の成功事例

RedBox

詳しく見る

Puppet success story

詳しく見る

kroger
Kroger

セキュリティとコンプライアンスが必要な理由

激しい競争の中で優位性を保つために、すべての業界で企業はより良いコードをより早く作成する必要に迫られています。これは、テックジャイアントでも、新興のソフトウェア企業でも、ファーストフードチェーンでも例外ではありません。ほんの少しユーザーインターフェイスが使いにくかったり、メニューがわかりにくかったり、アプリの読み込みが遅かったりするだけで、既存の顧客を競合他社に奪われるきっかけになります。

オープンソースソフトウェア

そのリスクを下げるために、企業ではより多くのコードを作成し、より多くの開発者を雇って、ソフトウェアのフットプリントを拡大しています。開発者がこの状況に対応する唯一の方法は、オープンソースソフトウェア(OSS)を使用して開発を迅速化することです。コーディングのプロセスを速めるという点で、これは理にかなっています。実際、オープンソースの使用は企業で当然のことになっており、現在のアプリケーションでは最大90%のコンポーネントにオープンソースが使用されています。

脆弱性とライセンスのコンプライアンス

オープンソースやサードパーティ製のソフトウェアは市場投入までの時間に大きなメリットがある一方で、コードベースを潜在的なセキュリティの脆弱性やライセンスのコンプライアンスの問題にさらすおそれがあります。コードがオープンソースであるということは、誰でもそれをダウンロードして悪用可能な脆弱性を探すために分析できるということです。コードの脆弱性を特定して解消するために役立つセキュリティツールにはいくつかの種類があり、その機能も少し異なります。

  • 静的コード分析(プログラムを実行する前にソースコードを調べる)
  • 動的コード分析(アプリケーションを実行中に分析する)
  • ソフトウェア構成分析(SCA)(サードパーティ製やOSSのコンポーネントと依存関係を分析する)

コンプライアンスで重要な点は、オープンソースのライセンスを適切に監視および管理せずにライセンスに矛盾が生じるコードを混在させると、少なくとも1つのライセンスの要件に違反せずに新しいバージョンのソフトウェアを作成することがほぼ不可能になることです。

エンドツーエンドのDevOpsプラットフォームで
ソフトウェアのリリースを迅速化