JFrog Press Room

Resource center for analyst and press inquiries,
company information, and community media.

JFrog、Microsoft Teamsの新アプリでソフトウェア開発のコラボレーション、自動化、スピード、セキュリティを促進

JFrog Japan プレスリリース, 2022年 7月 19日

新しいJFrog App for Microsoft Teamsはビジネスグループ間でのセキュリティや構築に関するインシデントをリアルタイムに可視化・通知し、解決までの時間短縮を実現

 

東京発(2022年7月19日) — 水が流れるようにソフトウェアを継続的にアップデートするLiquid Software(リキッド・ソフトウェア)というビジョンを掲げ、それに基づくJFrog DevOps Platformを提供するJFrog Japan株式会社(本社:東京都港区、ジャパン・ジェネラル・マネージャー:ビッキー・チャン)の親会社である、JFrog Ltd.(以下JFrog)(NASDAQ:FROG)は本日、 世界最先端のバイナリ・リポジトリであるJFrog Artifactoryと高度なセキュリティ・ソリューションであるJFrog XrayをMicrosoft Teamsのコラボレーション・プラットフォームと統合することを発表しました。本日より利用可能なJFrog App for Microsoft Teamsは、ビルドの失敗やセキュリティ脆弱性、コンプライアンスの問題など、セキュリティとソフトウェア開発のイベントに対する組織全体の可視性を提供します。新しいアプリを活用することで、開発チームのメンバーは、問題への対処に必要なタスクを割り当てて、解決までの時間を短縮できます。

JFrogのデベロッパー・リレーションズのバイス・プレジデントであるStephen Chin(スティーブン・チン)は次のように述べています。「ソフトウェアを設計し、それを最新の状態に保つことは、チームワークの賜物です。そして、ビルドに失敗したり、脆弱性が発生した際には、その協力体制の必要性はさらに高まります。私たちの目標は、開発者が日常的に活用しているプラットフォーム上で効率的なチーム間のコミュニケーションを可能にするソリューションを提供することであり、だからこそTeamsとの統合は論理的な選択でした。JFrog App for Microsoft Teamsは、開発者が社内のより広い関係部署に通知しコラボレーションすることで、迅速に解決手段を提供し、実行することができるようになります」

多くのソフトウェアチームは、Teamsを活用してコラボレーションを行い、公開および非公開のグループチャンネルとダイレクトメッセージを利用して、開発イベントやセキュリティ脆弱性を可視化しています。新しいJFrog App for Microsoft Teamsはアーティファクトのアップロード、移動、コピー、削除を把握できるため、開発者や組織全体の関係者からなるチームは、アーティファクトがソフトウェアのパイプラインを予定通り安全にパスするために、情報に基づいた判断や行動を迅速に実行できるようになります。

MicrosoftのTeams & Microsoft 365プラットフォームマーケティング担当ディレクターであるBen Summers(ベン・サマーズ)は、次のように述べています。「Microsoft Teamsは、仕事の進め方を変えます。同僚やパートナーと離れて仕事をしていても、コラボレーションを通して常につながっていられるようにします。また、ソフトウェア開発ほどコラボレーションがプロジェクトの成功に不可欠なものはありません。このインテグレーションは、すでに日常業務でTeamsを利用している開発者が、ワンクリックでプロジェクトやセキュリティの更新を関係者と容易に共有することを目的としています」

JFrog App for Microsoft Teamsのその他の特徴とメリット:

  • 迅速に脆弱性を解決 – JFrog ArtifactoryとJFrog XrayをTeamsと統合することで、開発の課題やセキュリティの問題解決にかかる時間が大幅に短縮されます。
  • コラボレーションの改善 – 開発者はTeamsを活用して、部門をまたがる広範囲のチームメンバーにアクションアイテムを託し、ソフトウェア開発ライフサイクルの各フェーズで割り当てられたタスクの実行とステータス・アップデートを提供することができます。
  • 品質保証 – JFrog Xrayのポリシーとウォッチの設定が簡単に行え、テスト環境やステージング環境で利用される対象のアーティファクト・リポジトリを監視。その上でセキュリティ脆弱性やコンプライアンス違反をTeamsを通じてチームメンバーに通知し、迅速に解決することができます。

新しいJFrog App for Microsoft Teamsの詳細と、チーム横断的な双方向コミュニケーションによるトレーサビリティの向上については、ブログをご覧ください。

JFrog Japan株式会社について

JFrog Japan株式会社はJFrog Ltd.(JFrog)の日本法人として2018年に設立。JFrogは、開発者のキーストロークから製品まで、ソフトウェアの流れをシームレスかつ安全に実現する「Liquid Software」というビジョンを掲げ、世界中のソフトウェアアップデートを強化するミッションに取り組んでいます。JFrogのDevOpsプラットフォームにより、ソフトウェア開発組織はバイナリのライフサイクル全体を通じてソフトウェアのサプライチェーンを包括的に強化し、ソースを構築、保護、配信し、あらゆる本番環境と接続することができます。JFrogのハイブリッドでユニバーサルなマルチクラウドDevOpsプラットフォームは、AWS、Microsoft Azure、Google Cloud上で、オープンソース、自己管理型、SaaSサービスとして利用できます。Fortune 100企業を含む多くの企業とユーザーが、JFrogのソリューションを活用しデジタルトランスフォーメーションを安全かつ円滑に推進させています。詳細はjfrog.com/jaをご覧ください。Twitterのフォローはこちらから:@jfrog_jp

  • ServiceNow、ServiceNowのロゴマーク、Now、Now PlatformおよびすべてのServiceNowの商標は、米国およびそのほかの国々における、ServiceNow, Inc.の商標および/または登録商標です。
  • JFrogの名称、ロゴマークおよびすべてのJFrog製品の名称は、JFrog Ltd.の登録商標または商標です。
  • その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

<本件に関する報道関係者のお問い合わせ先>
バーソン・コーン&ウルフ 広報代理 担当 阿部/コビリ
TEL: 070-4504-0804 Email: yujiro.abe@bcw-global.com

Cautionary Note About Forward-Looking Statements (将来の見通しと注意事項 – 以下英文)

This press release contains “forward-looking” statements, as that term is defined under the U.S. federal securities laws, including but not limited to statements regarding the JFrog App for Microsoft Teams Software and its ability to improve development collaboration, automation, speed, and security, our ability to meet customer needs, and our ability to drive market standards. These forward-looking statements are based on our current assumptions, expectations and beliefs and are subject to substantial risks, uncertainties, assumptions and changes in circumstances that may cause JFrog’s actual results, performance or achievements to differ materially from those expressed or implied in any forward-looking statement.

There are a significant number of factors that could cause actual results, performance or achievements, to differ materially from statements made in this press release, including but not limited to risks detailed in our filings with the Securities and Exchange Commission, including in our annual report on Form 10-K for the year ended December 31, 2021, our quarterly reports on Form 10-Q, and other filings and reports that we may file from time to time with the Securities and Exchange Commission. Forward-looking statements represent our beliefs and assumptions only as of the date of this press release. We disclaim any obligation to update forward-looking statements.

Investor Contact:
Jeff Schneider, VP of Investor Relations, JFrog
jeffS@jfrog.com