システムに関わる人たちを支える アーティファクト管理の3つのポイント

アーティファクトとは、自社の開発チームにより作成されたソースコードのビルド結果、その中で利用されているオープンソース・ソフトウェア(OSS)、Dockerなどのコンテナなど、ソフトウェア開発の結果として生成されるものを指し、今後ますます増えていくと言われています。

みなさんはそのようなアーティファクトをどのように管理していますか?

このウェビナーでは、アーティファクトを管理することがシステムに関わるすべての関係者をどのように支えるか、ポイントを3つ挙げて解説します。

想定参加者:
ソフトウェア/アプリケーションの開発・運用に携わる方

アジェンダ:

  • アーティファクトとは
  • 開発におけるアーティファクト管理の重要性
  • 運用におけるアーティファクト管理の重要性
  • まとめ・Q&A

Release Fast Or Die